保育士の収入は?

保育士の収入は?

保育士になるまでに費やした労力や仕事のハードさから考えると、給与は決して高いとは言えません。

平成24年度の、私立で働く保育士の平均月収は約21万円で、平均年収は約315万円です。また、アルバイト・パートの場合は、有資格者だと平均時給は1200円前後、無資格者だと900円程度のようです。

公立の場合は地方公務員となりますので、、給与は地方自治体の給料表に従って支払いが行われます。

また、採用も、公立の施設で正規職員として働く場合は、公務員として採用されます。

東京都のある区の場合、短大卒の基本給は16万200円で、大卒の場合は16万6500円です。

私立の施設で働く場合は、経営方針や立地条件、あるいは、自治体や補助金の有無などによって様々です。

保育士の基本給は同じでも、諸手当や福利厚生などによって手取り収入は変わってきます。通勤手当、住宅手当、家族手当などがありますが、これは施設によって異なります。

保育士の待遇については、短時間勤務保育士の導入が認められたことにより、今後は、非常勤扱いやパートの保育士が増えると予想されます。

1年契約などの場合もあるので、手当や給与などについて将来の見通しが立てられないことが考えられるので、待遇面については細かくチェックした方が良いでしょう。

現在は、保養所や寮など維持費がかかる設備や施設による福利厚生は減少傾向にあります。

勤務時間は公立、私立ともに保護者の送迎時間を考慮して不規則なところが多く、早朝や夜間も保育しているところが少なくありません。そのため、交代制勤務を採用していることも多いようです。





 

サイトマップ