看護師の働き場所

看護師の働き場所

看護師として働くといっても、その分野はかなり幅広く、働く場は病院や診療所だけではありません。まずは、どのような分野で働きたいのかをよく考えることが大切です。

健康診断のために医師と共に企業などに出向く検診車で働く仕事もありますし、保健所や老人福祉施設、介護保険施設、訪問看護ステーションなどで働くこともできます。

さらには、福祉施設や身体障害者施設、会社などの医務室、看護師養成学校の講師、教諭として働くこともできるかもしれません。このように、看護師の資格を活かせば、様々な職場を選ぶことができるのです。

まずは、自分自身の看護観ややりがいのある仕事、そしてどこで働くのかなどについて希望条件を書き出してみましょう。紙に書いてみると自分のやりたいことや、これはやりたくないことが客観的に明らかになります。

当然、看護師としての経験年数に制限がある場合もありますが、希望する就業先の資料を取り寄せるとか、見学会に参加するなどして徐々に絞っていきましょう。

どこで働きたいかということを考えると同時に、給与や賞与、勤務日数や勤務態勢などの処遇面も併せて考えて選ぶことも大切です。また、福利厚生や保育所の有無などの福利厚生面でのチェックも忘れず行いましょう。

    


 

サイトマップ