看護師が転職を決める前にすべきこと

看護師が転職を決める前にすべきこと

看護師として転職を考える場合、まず最初に行うことは、なぜ自分は転職したいのかという動機をよく分析してみることです。これを明らかにすることによって、転職先を選ぶ基準が出来ます。

転職を成功させるためには、どんな職場に再就職したいのかというビジョンをしっかり持つことは非常に大切なことなのですが、その点でこの自問自答は役に立ちます。

また、いざ転職する段階では、今現在働いている病院や就業先に対して転職の理由を明確に伝える必要があります。ただ「なんとなく」というあいまいな理由では、あなたの社会人としての常識が疑われるだけでなく、自分の価値を逆に下げてしまいます。

看護師が転職を希望するようになる主な動機は、待遇面での不満が多いようです。たしかに、効率よく仕事をこなしている有能な看護師ほど、他の人以上に働いているにもかかわらず、自分の能力に見合った給料が貰えていないと不満を感じるかもしれません。

このように、給与面での不満が理由で転職を考える人は非常に多いようです。次に多いのは、職場での人間関係がうまくいかないということです。

その他にも、希望の部署で働けないとか、あるいは、夜勤が多すぎるという理由も多いでしょう。さらに、勤務時間が長すぎる、重要な仕事を任されるため精神的な負担が大きいなどもあります。

また、このように、ネガティブな理由だけでなく、自分のスキルアップのために転職したいと言う動機もあろうかと思います。

いずれの理由にしても、何が不満で転職するのか、何をしたいために転職するのか、こういった点を明確した後に、転職活動をすることが大切なのです。


 

サイトマップ