今は、看護師転職のチャンス

今は、看護師転職のチャンス

厚生労働省によると、全国で約56,000人の看護師が不足しているそうで、アンケートでも、約7割の病院が看護師が不足していると回答しているとのこと。

全国で看護師の必要数は140万4,300人です。しかし、実際に常勤の看護師として就業しているのは134万8,300人ですから、差し引き、約5万 6,000人の看護師が不足しているということになります。このような状態が続くと,2050年には約100万人の看護師が不足すると予測されています。

看護師が不足すればするほど、働いている看護師の仕事はさらに増えていき、それに伴って負担は大きくなると言う悪循環に陥るのです。多くの医療機関が、優秀な看護師を確保することに懸命になっているのも無理からぬことですよね。

このように、看護師はまだまだ必要ですし、今後は、さらに本格的な高齢化社会を迎えることから、看護師の需要は益々増えることが予想されます。

特に、優秀な看護師が働く環境は多く、正に引く手あまたといっても過言ではありません。ですから、看護師の求人情報を十分に活用して、最もふさわしく、働きやすい職場をゲットするようにしましょう。


 

サイトマップ